坂総合病院 看護部 ひとりひとりを、大切にする看護をめざして

全日本民主医療機関連合加盟 / 公益財団法人宮城厚生協会

看護部長ごあいさつ

各分野で質の高い「看護の提供」に努めて参ります


坂総合病院看護部長 高橋 美智子

坂総合病院看護部長 高橋 美智子 私たち看護師は「一人ひとりが健康を維持でき、地域でその人らしく暮らせるための看護の提供」をビジョンとして掲げています。患者さまが入院生活を不安なく過ごせることへの支援と生活支援としての外来看護・在宅看護までを総合的に質の高い看護が提供できることを目指します。地域では、少子・超高齢化の加速の中で、高齢者の一人暮らしや夫婦二人暮らしが増えると予測されています。何らかの疾患を抱えていながらも、生活を維持できることへの看護支援が求められています。

当院は地域医療支援病院として救急・急性期医療を求められていることから「老年看護と救急看護をべースとした、外来~入院~地域(外来)への切れ目のない看護を構築する」ことを目標とし、救急看護チームの育成、老年看護の全看護師対象研修、患者宅訪問などの地域体験研修などを中心とした育成を重視して取り組んでいます。また、法人の中では急性期医療から訪問看護まで事業所がある利点から、各キャリアステージで力が発揮できるよう看護師の育成、キャリア支援にも取り組んでいます。

患者さまにとって、入院は人生の中での大きなイベントです。それを回復・維持するために看護の力は重要です。しかし、患者さまの生活は地域にあります。入院・急性期・慢性期・退院・外来の全てに関わる看護師が、患者さまのいきいきとした地域での生活につなげられるよう、その地域での生活を意識した各分野での質の高い看護を提供して参りたいと思います。