平成28年度 坂総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 729 145 209 308 396 488 1072 1487 1566 460
当院は仙台医療圏に属し、塩竈市・多賀城市・松島町・七ヶ浜町・利府町の二市三町を主な診療圏とした地域医療支援病院です。各々の市や町で傾向には差がありますが、二市三町全体の65歳以上の高齢化率は26.7%で、仙台医療圏平均の23.4%より少し高くなっています(H29年3月31日宮城県高齢者人口調査より)。これは当院の入院患者の年齢層にも反映し、65歳以上の患者さまが60%を超えています。一方、産科・小児科の病床を持つことから15歳未満の若年層も12%を占めています。今後も地域の開業医の方々と連携し、救急車も積極的に受け入れ、地域の急性期の中核病院として役割を果たしていきます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 17 2.24 5.24 0.00 68.18  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 10 3.20 12.43 10.00 76.20  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし - 4.60 6.38 0.00 71.40  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 9.40 21.25 20.00 81.20  
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし - 4.20 10.17 20.00 81.00  
当院の内科は、夜間や休日の緊急入院の患者さまが主になります。
当院は専門診療科でそれぞれの疾患を担当しますが、めまいや症候性てんかんの発作など神経系の軽症の疾患や在宅医療を受けている方などは内科を担当診療科としています。
比較的軽症の方の比率が高いため、在院日数は短い傾向です。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 94 3.32 3.68 0.00 71.30  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 27.20 21.25 14.29 82.73  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 45 30.71 19.92 0.00 76.44  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 41 15.68 12.35 0.00 73.37  
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 15.63 13.85 0.00 75.08  
当科の入院症例としては肺炎、気管支炎、高齢者肺炎などの急性下気道感染症の患者さまが上位を占めてあり、肺癌など悪性腫瘍の患者さまがそれに続いています。また肺癌の患者さまに関しては入院でなく外来での治療を受けられているかたも少なくありません。
なお、2016年4月の診療報酬改定でDPC分類がより細分化されたため、上位から外れた15歳以上の肺炎の患者数は270名となりました。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 88 6.17 5.50 2.27 52.57  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 10.99 11.06 0.00 72.64  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 24.25 21.25 5.36 85.66  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 52 7.92 7.89 0.00 55.98  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 51 13.63 12.43 0.00 69.47  
消化器科では、腹部の急病・救急疾患と、消化器癌の診断治療、慢性の肝臓疾患等を中心に担当しています。病名別では例年どおり、緊急入院を要する急性胃腸炎と大腸憩室炎、救急疾患である総胆管結石・胆管炎が上位を占めております。また、早期胃癌に対する内視鏡的切除には、継続的に力をいれております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 159 2.75 3.06 0.63 69.23  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 147 19.94 17.95 2.72 82.44  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 5.16 4.71 1.27 69.16  
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 60 29.13 25.02 8.33 84.33  
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 39 22.41 15.90 0.00 73.82  
循環器科では、心臓や下肢などの動脈硬化性疾患の診断のためにカテーテル検査を多く行なっています。外来診療から引き続き、速やかに診断・治療が行なえるように努力しています。また、高齢化社会において心不全の患者数は増加しており、再発予防のために薬物療法だけでなく、心臓リハビリテーションも積極的に行なっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 151 6.64 6.18 2.65 0.00  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 108 4.42 5.79 0.93 4.67  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 107 4.61 6.09 0.00 1.61  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 4.27 6.42 1.30 4.52  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 60 4.65 6.02 0.00 2.72  
小児科は、神経、喘息、循環器、内分泌を専門とする医師が在籍しており、一般、慢性疾患、発達障害に対する外来診療を行っています。
二市三町(塩釜・多賀城・七ヶ浜・利府・松島)における二次救急の対応を引き受けています。
肺炎・気管支炎に次いで喘息も多く診ています。また、新生児の入院に関して、産科と連携して行っており、出生直後から小児科医が携わり診療にあたっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 41 5.73 5.60 0.00 31.56  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 9.28 7.61 0.00 56.45  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 26 11.35 11.97 0.00 67.23  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 20.24 15.92 0.00 72.68  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 10.38 9.08 0.00 66.00  
外科は、急性虫垂炎や急性胆嚢炎などの救急疾患に、24時間体制で迅速に対応致します。2016年の1年間、当科で手術した急性虫垂炎の患者さまは70名、急性胆嚢炎の患者さまは74名でした(DPCの診断群分類が細分化されているため、上記区分の患者数と相違があります)。
手術を受けたことがある患者さまの腹痛の原因として、代表的なものに癒着性腸閉塞(上記DPC名称では「ヘルニアの記載のない腸閉塞」と表記)があります。当科では、術後の体調不良にも責任を持って対応しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 41 37.46 20.57 4.88 82.34  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 14 72.36 27.63 7.14 85.57  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 12 25.33 20.45 8.33 80.83  
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 11 57.64 20.64 0.00 75.82  
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし - 24.89 15.97 22.22 86.89  
整形外科の入院症例のうち、高齢者の転倒による骨折の患者さまが多くを占めています。早期にリハビリテーションを介入することで在院日数短縮に努めています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 - 2.00 5.69 0.00 58.50  
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - 2.75 5.80 0.00 35.75  
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - 2.00 5.94 0.00 54.00  
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - 3.00 5.11 0.00 61.50  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - 4.50 8.78 0.00 80.50  
形成外科では外来診療を中心に行っており、とくに必要なものについてのみ入院での手術を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 33 32.12 16.54 9.09 76.36  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 39.44 19.35 5.56 72.56  
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 17.08 18.76 0.00 77.25  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - 31.11 9.87 11.11 81.78  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 6.67 7.52 0.00 72.22  
脳神経外科では、急性期脳血管障害を多数受け入れています。
2016年4月の診療報酬改定でDPC分類がより細分化されたため、上記一覧では各分類ごとの患者数となっていますが、脳梗塞の総件数は160件に上ります。次いで脳出血(上記一覧で「非外傷性頭蓋内血腫」に分類されています)が40名近くとなりました。
当院の回復期リハビリ病棟や地域療養病院と連携し、早期にリハビリが開始できるため、平均在院日数を短縮できています。
慢性硬膜下血腫や、急性期頭部外傷の治療も担当しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - 20.00 18.27 0.00 72.63  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 12.40 17.95 0.00 80.40  
050130xx97000x 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - 9.50 24.62 0.00 78.00  
050161xx9901xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり - 19.50 23.16 0.00 67.50  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし - 11.50 8.87 0.00 71.00  
心臓血管外科では、急性発症の大動脈解離(解離性大動脈瘤)のうち、緊急手術の対象とならずに保存的治療で経過観察できる病状の患者さまが、当院に入院した後にできるだけ早期に退院可能となるように、必要な検査、血圧管理、リハビリなどを行っています。
また、心臓手術後の外来通院中の経過の中で心不全を来たしてしまった患者さまに対する心不全治療も行なって、早期退院が可能となるように努めています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 63 8.68 9.88 3.17 32.27  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 45 10.44 10.05 0.00 47.89  
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 33 24.36 20.79 9.09 27.76  
120140xxxxxxxx 流産 24 1.25 2.43 0.00 32.50  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 23 6.26 6.42 0.00 46.78  
当院産科では、帝王切開を目的とした入院や合併妊娠(糖尿病や高血圧)、切迫早産の管理入院を行っています。
● 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等:既往帝王切開、骨盤位、児頭骨盤不適合(骨盤と児頭の大きさがあわない)のために帝王切開分娩になった場合を指します。
婦人科では、良性腫瘍の手術を目的とした入院が上位に挙がっています。10日以内の入院計画となっており、ほとんどの患者さまが予定通りの入院期間で退院されています。
● 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等:子宮筋腫で子宮全摘術や子宮筋腫核出術(開腹)を実施した件数です。
● 流産:入院を要した件数です。外来で自然経過を見る場合もあり、実際の流産数とは異なります。
以上のように、当院の入院対象は一般的に知られている疾患が中心です。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 - 83.00 22.10 0.00 78.00  
070330xx99x0xx 脊椎感染(感染を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし - 116.00 31.53 0.00 74.00  
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術なし 副傷病なし - 4.00 7.20 100.00 87.00  
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし - 12.00 15.97 0.00 54.00  
リハビリテーション科は回復期リハビリテーション病棟で入院診療を行っています。
院内の整形外科や脳神経外科に入院してきた患者さまになるべく早くリハビリテーション病棟に移動していただくことに努めています。
回復期リハビリテーション病棟はDPCによる請求方法ではないため、上記の集計結果には反映されません。そのため、集計された当科のデータはDPC病棟でリハビリテーション科の医師が担当した患者さまのみが対象となります。
なお、整形外科や脳神経外科などからリハビリテーション科へ転科して回復期リハビリテーション病棟へ移った場合には、転科前の診療科で集計されています。
DPC病棟でリハビリテーション科が担当するケースとしては、リハビリテーション目的で入院された患者さまが、リハビリテーション科医師を担当医として一旦DPC病棟に入り、その後転科せず回復期リハビリテーション病棟に転棟されるケースなどがあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 22 7.82 7.44 0.00 78.23  
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 15 3.40 7.58 0.00 64.13  
110060xx01x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - 16.75 14.07 0.00 80.25  
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし - 4.00 5.25 0.00 45.75  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - 10.00 12.43 0.00 80.75  
統計上除外されるため上位一覧には表れてきませんが、実際は前立腺癌疑いの生検が20例前後で膀胱腫瘍に次いで症例数が多いです。前立腺癌と診断されるのはそのうち10例前後です。
代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 44 14.16 14.61 2.27 58.80  
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 34 15.18 14.91 0.00 67.15  
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 27 10.56 11.48 3.70 57.04  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 24 13.25 12.43 0.00 75.88  
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 21 19.71 16.40 0.00 73.00  
糖尿病代謝科では糖尿病に対する教育入院を中心に診療を行っています。2016年4月の診療報酬改定で糖尿病のDPC分類が細分化されたため、DPCごとの件数は少なく見えますが、糖尿病の2016年度年間の退院患者数は200名にのぼります。
また一般内科として入院診療を行う為、高齢者を含めて感染症の患者さまが多くなっています。
腎疾患も腎臓内科医と連携して、当院で対応可能な疾患は治療を行うことがあります。
救急医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 47 24.04 34.89 10.64 77.51  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 14 15.57 19.24 7.14 73.14  
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 13 1.69 4.19 0.00 48.00  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 2.00 7.52 0.00 67.83  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 11 10.64 12.43 18.18 79.91  
救急科は他の診療科では対応しえない重症例(心肺停止、ショック状態、多臓器不全など)や、原因不明の意識障害、外傷などを集中治療室と一般病棟で入院診療を行っています。幅広く様々な疾患を担当しており、上位5位には含まれませんが、意識障害の原因については症候性てんかんや薬物中毒も多く対応しています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 12 23.92 34.89 33.33 82.92  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - 3.67 5.24 11.11 72.33  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 11.78 21.25 0.00 85.67  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし - 18.38 19.24 25.00 80.13  
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 11.25 14.60 25.00 80.25  
総合診療科では内科の各専門科に属さない病態の入院患者さまを内科の各科と分担して担当しています。特に科として力を入れている疾患があるわけではなくその時々の状況に応じた疾患の対応を行なっています。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 40.54 14.83 0.00 76.77  
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 24.57 10.41 0.00 72.71  
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし - 16.50 11.87 0.00 83.75  
060040xx99x01x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - 47.75 17.27 0.00 72.00  
03001xxx99x00x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 64.67 13.57 0.00 84.00  
緩和ケア科は進行癌の患者さまやご家族の抱える様々な苦痛を和らげる事を目指して、特にご本人の意思を尊重して自分らしく過ごせるようにチーム治療、ケアを提供しています。また、可能な限り在宅療養できることを大切に、外来診療・在宅医療との連携体制を整えています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 50 - 17 14 14 28 1 6,7
大腸癌 10 47 18 30 - 93 1 7
乳癌 30 11 - - - 13 1 7
肺癌 17 14 28 78 30 37 1 7
肝癌 - - - - - 13 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
この表は、初めて当院を受診された際にがんと診断された患者さまが、10名以上いらっしゃる部位について、人数を記載しています。当科では、がんの専門施設で研鑽を積んだ、消化器外科(食道、胃、大腸、肝胆膵)、呼吸器外科(肺)、乳腺外科(東北大学医師の応援)の専門医師が治療を担当しています。ガイドラインに基づく標準的治療をはじめ、高齢の患者さま・様々なご病気を持つ患者さまのからだの負担に十分配慮した個別の治療方法まで、安全性や患者様の有益性を第一に考えて治療を行います。治療が難しい患者さまについては、院内検討会(キャンサー・トリートメント・カンファレンス)で討議し、最善の治療方法を検討します。例えば、癌で大腸が閉塞して食事が摂れない、多発肝転移を伴うStage IVの大腸癌の患者さまでも、大腸の癌を取り除いて食事摂取を可能とした後に、多発肝転移に対して化学療法を行い、根治を目指した肝切除が行えるようになる患者さまもいらっしゃいます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 48 10.17 53.92
中等症 141 15.26 79.02
重症 53 17.60 83.68
超重症 10 12.40 86.30
不明 - - -
重症度が高い肺炎の患者さまの群では平均在院日数が延長し、平均年齢が上昇する傾向が認められています。この重症度分類は本来は「市中肺炎」(=基礎疾患の乏しい比較的元気な患者さまにおこった肺炎)を対象として設定されたものですが、今回の対象患者さまの成績は市中肺炎のほかに「医療・介護関連肺炎」(=市中肺炎よりも基礎疾患が多く体力が低下した患者さまにおこった肺炎)の患者さまも多数含まれた分析結果となっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 5.63 62.38 0.00
その他 - 2.00 72.25 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 130 34.87 79.62 6.17
その他 32 31.03 80.72 1.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - 10.00 78.33 0.00
その他 - 4.00 76.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - 186.00 70.00 0.00
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - 2.00 49.00 0.00
その他 - - - -
脳梗塞はほとんど発症当日に来院なさいます。発症後4.5時間以内でしたら、超急性期血栓溶解療法が可能ですので、脳梗塞が疑われましたらすぐに受診してください。
血栓回収療法が必要な患者さまは、仙台医療センター、広南病院等へ御紹介しています。
頚動脈狭窄症に対する内膜剥離術は当院でも可能ですが、頚動脈ステント留置術はまだ施行できません。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 37.00 18.00 14.29 72.14  
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 - 2.60 21.60 0.00 58.40  
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) - 6.50 11.75 0.00 78.75  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - 3.50 39.00 0.00 84.50  
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - 1.00 1.50 0.00 71.50  
入院管理は呼吸器科ですが、治療過程で併存疾患も治療しており、当該科とは関連のない手術を行うこともあります。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 71 1.51 9.39 1.41 73.31  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 55 1.95 2.13 0.00 70.85  
K654 内視鏡的消化管止血術 42 0.26 12.45 0.00 72.50  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 39 1.21 7.74 2.56 77.64  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 25 2.88 9.16 4.00 50.24  
救急病院である当院の診療内容を反映して、その代表的疾患である急性胆管炎と出血性胃潰瘍に対する内視鏡的治療が上位に挙がっています。また、早期胃癌、大腸ポリープの内視鏡治療も継続的に取り組んでいます。なお、大腸ポリープはできるだけ日帰りでの実施をめざしており、上記の入院数は当院での治療総数の1~2割を占める程度です。腹水濾過濃縮際静注療法は、肝硬変性の腹水に対する繰返し治療のケースです。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 112 3.89 5.83 0.89 70.63  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 74 4.09 19.05 5.41 76.26  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 23 6.48 11.48 8.70 80.00  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 12 0.08 14.75 0.00 69.17  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 10 0.10 2.70 0.00 76.40  
手術数では、心臓の血管内治療が多く、安全な治療を目指して努力しています。また、下肢などの末梢血管治療数が多いことが当院の診療の特徴です。下肢切断の原因となる重症下肢虚血の治療を積極的に行なっており、多くの方の下肢切断を防いでいます。徐脈性不整脈に対してのペースメーカー治療も行なっています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - 0.00 6.29 0.00 0.00  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - 1.00 4.00 0.00 75.00  
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - 0.00 3.00 50.00 0.00  
K300 鼓膜切開術 - 2.00 3.00 0.00 1.00  
- - - - - - -  
小児科における手術は、仮死状態で出生した新生児に対するもののみとなっています。2016年度の分娩件数は576件であり、そのうち9件の新生児に対して蘇生術が施行されました。
また、当院では小児の形成・外科手術も対応しており、各々の診療科で担っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 67 7.49 6.16 1.49 61.60  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 41 0.27 4.46 0.00 31.56  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 36 1.22 1.39 0.00 66.22  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 27 8.04 16.26 0.00 70.44  
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 19 1.00 8.68 0.00 49.63  
内視鏡外科手術を積極的に行っており、手術が必要となる腹部救急疾患の代表である、急性虫垂炎や急性胆嚢炎も主に腹腔鏡下手術で治療しています。
2016年の1年間では、急性虫垂炎の87%、急性胆嚢炎の96%に腹腔鏡下手術を行いました。また、2015年より、鼠径ヘルニアに対しても腹腔鏡下手術を導入し、術後の早期回復・社会復帰に役立っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0731 関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 13 3.15 62.08 7.69 76.69  
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 12 5.92 82.17 8.33 84.17  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) - 7.50 55.38 0.00 85.25  
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(鎖骨,膝蓋骨,手,足,指(手,足)その他) - 2.67 5.67 0.00 66.33  
K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(その他頭蓋,顔面,肩甲骨,上腕,大腿) - 32.50 8.00 0.00 74.50  
高齢者の転倒による骨折に対しての手術が上位を占めています。早期にリハビリテーションを介入することでADLの低下を防ぎ、また、急性期の治療が終了した後は、当院の回復期リハビリテーション病棟へ転棟し、早期の在宅復帰を目指してリハビリスタッフとも連携を図り患者さまのQOL向上に努めています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K093 手根管開放手術 - 0.00 1.00 0.00 58.50  
K333 鼻骨骨折整復固定術 - 0.00 1.75 0.00 35.75  
K0302 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(手,足) - 0.00 1.00 0.00 54.00  
K0031 皮膚皮下粘膜下血管腫摘出術(露出部、長径3cm未満) - 0.00 1.00 0.00 50.00  
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - 0.00 2.00 0.00 49.00  
手根管症候群のみ、手術による疼痛や術後合併症回避のため、1泊入院で手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 13 0.46 7.15 15.38 78.77  
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - 0.50 106.50 50.00 72.00  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - 2.00 11.00 0.00 73.00  
K1742 水頭症手術(シャント手術) - 1.00 8.00 0.00 79.00  
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - 1.00 15.00 0.00 78.00  
慢性硬膜下血腫は、ほとんど入院当日または翌日には緊急手術可能です。
認知症疾患センターにて発見された、正常圧水頭症に対する脳室腹腔シャント術を行っています。
脳内出血の手術は、内視鏡手術、開頭手術とも可能です。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0842 四肢切断術(上腕,前腕,手,大腿,下腿,足) - 3.00 15.00 0.00 78.00  
K608-3 内シャント血栓除去術 - 0.00 2.00 0.00 80.00  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - 3.00 5.00 0.00 63.00  
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - 3.00 10.00 0.00 79.00  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - 18.00 20.00 0.00 53.00  
人工透析が必要となった患者さまに対して、透析に使用する内シャントの造設術を行ったり、急性動脈閉塞症の患者さまに対する血栓除去術を行ったりしています。また、重症の末梢動脈疾患で十分な治療効果が得られず、残念ながら下肢の壊死に陥った患者さまに対して、下肢の切断術も行っています。下肢切断術後の患者さまは、血流が不良のため、創の治癒に時間がかかることがあり、また、下肢が切断されたことに伴う運動機能の低下を補うためのリハビリが必要となることから、入院期間が長期化してしまいます。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 70 4.29 6.50 2.86 32.57  
K877 子宮全摘術 50 1.54 7.84 0.00 49.84  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 33 1.12 4.21 0.00 44.18  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 24 1.08 6.88 0.00 30.67  
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 22 0.27 0.00 0.00 32.95  
産科手術では、予定の帝王切開が最も多くなっています。2016年度の分娩件数は 576件であり、臨時もあわせると、帝王切開は総分娩件数の約 18.6%を占めています。
●帝王切開術2.選択帝王切開:最初から帝王切開と決めて予定手術をした件数です。骨盤位などの胎位異常や胎盤の位置異常のほか、既往帝王切開や筋腫核出術後など子宮破裂の恐れがあるものも含まれます。逆子を経膣分娩する事は児の安全の点から殆ど行われなくなりました。術前日数が4日間になっていますが、切迫早産などで長期間入院後に骨盤位などで帝王切開になった症例が複数含まれるためです。実際の予定手術では手術前日に入院しています。
婦人科手術では、子宮全摘術が上位に挙がっています。術後は大きな合併症を起こすことなくほぼ予定通りに退院されています。
●子宮全摘術:良性腫瘍だけでなく、子宮脱や子宮頚部上皮内がんなどにも行われます。開腹ではなく経腟的な場合もあります。
●流産手術:初期の流産は手術が必要ですが、手術が不要な中期流産もあるので診断群別分類の流産と数が異なります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 26 2.50 7.00 3.85 77.65  
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - 4.60 13.80 0.00 80.60  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 4.60 39.20 0.00 60.00  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 - 4.00 5.67 0.00 66.33  
K797 膀胱内凝血除去術 - 7.50 8.00 0.00 76.50  
膀胱癌の手術は主に内視鏡手術を行っています。
代謝内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - 10.33 5.83 0.00 71.83  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - 7.67 13.67 0.00 78.67  
K0843 四肢切断術(指) - 14.00 46.00 0.00 75.00  
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) - 61.00 30.00 0.00 70.00  
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - 10.00 50.00 0.00 62.00  
糖尿病の入院中に発見される大腸ポリープの治療を行うことがあります。
一般内科として高齢者を担当する事が多く、経口摂取が出来なくなった患者さまでは胃瘻造設を行うこともあります。
循環器科と連携して糖尿病足病変患者を担当するため、下肢閉塞性動脈硬化症の治療を行うことがあります。
救急医学科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - 13.67 22.00 33.33 76.33  
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの)(長径10cm以上)(その他のもの) - 0.50 14.50 0.00 42.00  
K386 気管切開術 - 12.50 83.00 0.00 60.00  
K797 膀胱内凝血除去術 - 9.00 7.00 50.00 72.00  
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - 9.00 34.00 0.00 89.00  
救急科が単独で行う手術の殆どは気管切開術となっています。その他の手術については、救急科が担当している入院症例について、手術を他診療科へ依頼しているものです(例:経皮的腎瘻造設術は泌尿器科へ依頼しています)。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - 11.00 5.50 0.00 73.50  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 19.00 15.00 0.00 50.00  
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - 0.00 45.00 0.00 75.00  
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 - 18.00 4.00 0.00 74.00  
- - - - - - -  
総合診療科では内科の各専門科に属さない病態の入院患者を内科の各科と分担して担当しています。特に科として力を入れている疾患があるわけではなくその時々の状況に応じた疾患の対応を行なっています。
緩和ケア科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 1 20.00 10.00 0.00 56.00  
K651 内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 1 9.00 11.00 0.00 83.00  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
緩和ケアで入院されている患者さまは、様々ながんであるため手術は多岐にわたり、特定の手術にかたよりはありません。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.01
異なる - -
180010 敗血症 同一 56 0.82
異なる 66 0.96
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.48
異なる - 0.06
入院中に主に治療した傷病名「播種性血管内凝固症候群」「敗血症」「その他の真菌感染症」「手術・処置等の合併症」について、その症例が入院のきっかけとなった傷病名と同じかどうかを区別し、その症例数、請求率(当院の1年間の全請求データにおける割合)を集計したものです。
厚生労働省による平成27年度の全国DPC対象病院データ集計では、全症例に対する割合は、「播種性血管内凝固症候群」が0.17%、「敗血症」が0.60%でした。当院では播種性血管内凝固症候群は全国平均よりも低く、敗血症はやや高い割合となっています。
「敗血症」のうち、入院のきっかけとなった傷病名と異なるケースは、肺炎や尿路感染症などの感染症がほとんどです。平均年齢が75歳と高齢であることから、治療過程で全身状態が悪化し、敗血症という重篤な病態となったと考えられます。
「手術・処置等の合併症」は、透析患者さまのシャント狭窄が6割を占め、その他は処置後の出血や、体内に挿入されたカテーテル等の感染症、術後の狭窄などの症例がみられます。手術や処置を施行する際には合併症を起こさないように細心の注意を払っていますが、合併症は一定の確率で起こり得るものです。起こり得る合併症については、事前に患者さまに説明させていただいています。

更新履歴

2017年9月29日
初版公開
2017年9月29日
指標6の産婦人科のコメントに追記しました。