総合診療科

総合診療科のご紹介

総合診療科は、みちのく総合診療医学センターの設立に合わせ、その核となる診療科を目指し、2012年7月より発足いたしました。入院部門においては、原因不明の病態、感染症、電解質異常、 内分泌異常、複数の問題を抱える方、心理社会面でのアプローチが必要な方などを中心に担当していきます。

外来部門においては、まだ人員が少数なため、他の内科系医師の力をお借りしながら、クリニック内科部門の一員として診療していきます。多職種と連携しながら、包括的な医療を目指していきたいと思います。

教育面ではみちのく総合診療医学センターが総合医・家庭医を目指す研修医に対する東北の拠点の一つとして重要な役割を担っていけるよう、努力していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

みちのく総合診療医学センター

医師のご紹介

  高橋 洋(副院長 / 東北大学88年卒)

主な認定医、
専門医
認定内科医、呼吸器専門医・指導医、感染症専門医・指導医、感染症学会評議員、抗菌化学療法指導医、化学療法学会評議員、結核病学会指導医、ICD、東北大学臨床准教授、抗菌薬臨床試験指導医、日本臨床微生物学会認定医、呼吸器学会肺炎ガイドライン作成委員、結核病学会治療委員会
専門分野 呼吸器疾患全般、感染症一般

  大橋 洋綱(医長・慈恵会医科大学97年卒)

主な認定医、
専門医
総合内科専門医、日本医師会認定産業医、血液学会専門医、日本小児科医会子どもの心相談医
専門分野

  本郷 舞依(医長・秋田大学08年卒)

主な認定医、
専門医
日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医、日本医師会認定産業医
専門分野 総合診療