坂総合クリニック

メディカルフィットネス「のびのび」

2006年8月7日、坂総合クリニック1号館6階に、運動療法センター「メディカルフィットネス『のびのび』」が開設されました。『のびのび』は、健康増進・疾病予防運動、生活習慣病の運動療法、介護予防運動などを実践する施設です。

「メディカルフィットネス のびのび」の設備
「メディカルフィットネス のびのび」の設備
「メディカルフィットネス のびのび」のフロア

充実した設備と広いスペース

施設内容としては、有酸素運動が行なえる自転車・ウォーキングマシンなどが15台、筋力向上を図るトレーニングマシンが7台、レクリエーション用の卓球台が1台、その他としてバランスボールやゴムバンド、ダンベルなどをそろえています。
有酸素運動エリア、ストレッチなどを実施する集団指導エリア、レクリエーションエリアなど目的別に分かれたスペースが設けられていて、健康学習会などの各種教室を行なうための場所も併設されています。

個々に合わせたメニューで安心

厚生労働大臣認定の健康運動指導士が、個々人に合わせたメニューを作成するため高齢者や体力に自信のない方でも安心して利用することができます。

利用対象者は?

「のびのび」は医療法第42条に基づく「疾病予防運動施設」のお墨付きを宮城県から認定されています。
認可を受ける以前の利用対象者は高血圧症・糖尿病・脂質異常症の患者さま、通所リハビリテーションの介護予防対象の方と限定されていましたが、この認定を受けたことにより「病気のない一般の方」も健康増進、疾病予防のために施設を利用することが可能となりました。そして現在では「様々な疾患にかかっている患者さま」が当運動施設をご利用されています。

新たな施設認可も

さらに2011年5月には厚生労働大臣から「健康増進施設」の認可を受け、その後、施設を優良に運営したことによって、2012年1月に『のびのび』は新たに「指定運動療法施設」の認可を受けました。この認可により、施設利用料が「医療費控除の対象」になりました。
この認可を受けたのは県内の医療機関内運動施設では初、スポーツクラブなどの一般運動施設を入れても3箇所目です。これからも広く地域の方々に運動の楽しさ、喜びを伝え、運動習慣の構築に役立てていただける、そんな施設を目標にスタッフ一同努力していきますので、よろしくお願いいたします。

入会申し込み・利用料金について

お問合せ・お申込み場所 

メディカルフィットネスのびのび(クリニック1号館6階)
電話:022-361-7011 内線 2515まで
年間登録料金:2,160円

※年間登録料金には、心電図検査、1回分の体力測定料、会員証代などが含まれています。

月間利用料: 

一般会員 6,480円
友の会会員 5,400円
  • 毎週月曜、14:30~15:20にエアロビクス教室、15:30~16:20に機能改善ストレッチ教室が開催されます。
  • 14:30開始のエアロビクス参加者は、機能改善ストレッチに500円にて参加できる割引特典があります。詳しくは職員にお尋ねください。

利用時間

  午前 午後 夜間
月・火・水・金 9:00~12:30 14:00~17:00 17:00~21:00
9:00~12:30 休館 17:00~21:00
9:00~12:30 休館 休館
日・祝 休館 休館 休館

活動実績

学会発表
  • 日本糖尿病学会 第52回東北地方会 演者: 咲間優 共同演者: 沖本久志 「症例報告」
  • 日本糖尿病学会 第53回東北地方会 演者: 咲間優 共同演者: 沖本久志 「低強度運動が糖尿病患者の血糖値に及ぼす影響」
  • 日本糖尿病学会 第54回東北地方会 演者: 咲間優 共同演者: 沖本久志 「症例報告」
  • 日本糖尿病学会 第55回東北地方会 演者: 咲間優 共同演者: 盛口雅美、沖本久志「低強度運動が糖尿病患者の血糖値に及ぼす影響‐第2報‐」
  • 第11回宮城県糖尿病看護研究会 演者: 咲間優 共同演者: 沖本久志 「運動療法施設の施設認可と運営状況について」
  • 第15回日本運動処方学会大会 演者: 咲間優 共同演者: 盛口雅美、沖本久志 「低強度運動が糖尿病患者の血糖値に及ぼす影響~患者背景による比較~」
掲載
  • 日本糖尿病療養指導士認定機構編 CDEJニュースレター第43号 筆者: 咲間優 「医療機関で『糖尿病サポートチームの一員』として働く運動指導員について」
受賞
  • 第34回全国系列病院糖尿病研究会 糖尿病シンポジウムin北海道 優秀演題賞 咲間優