感染対策

感染管理室

当院には、感染しやすい患者さんや重症な患者さんが多く入院しています。院内感染をはじめとした感染リスクを最少にし、患者さんが良質な療養環境で安心して医療を受けられるように、また、院内で働くすべての人が安全に働くことができるように活動しています。

感染管理室の概要

院長直属の組織として感染管理室が設置され、院内におけるあらゆる感染対策の中心的役割を担っています。構成メンバーは、医師3名(院長 感染制御担当 医師2名)、看護師1名、薬剤師1名、臨床検査技師1名、管理部職員1名です。

実働組織として感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)を置き、院内感染に対する具体的な調査、指導、監視を行っています。

感染管理活動内容

主に下記の活動などを行っています。

  1. 感染管理教育
  2. 院内サーベイランスの実施(耐性菌、流行性ウイルス疾患、医療関連感染サーベイランスなど)
  3. 院内ラウンド
  4. 細菌検査異常値報告
  5. アウトブレイクへの迅速な対応
  6. 抗菌薬使用に関するモニタリングと適正使用への介入
  7. 院内感染対策マニュアルの作成・改訂
  8. 職業感染対策(針刺し事故防止、流行性ウイルス疾患など)
  9. ファシリティ・マネジメント(洗浄・消毒・滅菌、医療廃棄物、空調設備、リネン、清掃の管理)