> トップページ > 【各診療科】リハビリテーション科

リハビリテーション科

 当院リハビリテーション室では、病気やけがで心身に障がいを有した方々に対し、医療保険での入院・通院、また介護保険での通所リハやご自宅へ伺っての訪問リハを利用して、機能訓練や日常生活動作訓練などを行い、社会や家庭への復帰を支援させていただいております。


失語症訓練

「聞く」「話す」「読む」など言語機能の障害に対して、評価・訓練を行います。失語症状は多種多様であり、また年齢や環境により求められる能力も異なるため、訓練プログラムはオーダーメイド。絵カードや新聞記事、スマートフォンやパソコンなどをつかったり、悩みや愚痴を聞いたり・・・。セラピストが工夫を凝らして取り組んでいます。



調理訓練

 調理は様々な用具や食材を用い、「切る」「混ぜる」「熱を加える」などの動作を計画から準備、後片付けまで、時間に追われながら行わなければなりません。
  当院では、身体機能面・高次脳機能面・環境面など多面的に、調理活動の再開に向け、訓練を実施しています。


牽引装置

天井走行リフトを導入し、バランスの不安定な方や立ち上がりの介助量の多い方でも、吊り上げる事で体にかかる荷重を軽減した状態で、早期からの歩行練習が可能です。 また、転倒を予防することができるのでふらついたり、つまづいたりしても体を支えることができるので、高度なバランス練習にも適しています。



装具外来

 毎週月曜日11:00〜、医師、理学療法士、義肢装具士が連携して、患者様にあった装具の選定や調整、装具着用時の歩き方の確認をして、装具作製をサポートします。
 現在お使いの装具に調整が必要な場合や修理にも上記時間内で対応しております。
※装具の作成・修理に関しては費用のご負担と、健康保険・身体障害者手帳に関する手続きが必要となります。


IVES=随意運動介助型電気刺激装置

 当院では2013年度からIVESを導入し、運動麻痺や筋力低下などで動きにくくなった手・足の運動を電気刺激によってサポートすることで、より効果的なリハビリテーションを提供できるようになりました。
 具体的な適応の可能性がある疾患・症状としては、脳卒中(脳出血・脳梗塞)・脳腫瘍・頭部外傷・ 脊髄損傷などの中枢神経障害や腕神経叢麻痺・神経根症などの末梢神経障害による運動麻痺、骨折・靭帯損傷などの運動器の障害による筋力低下などがあります。
※効果には個人差があり、IVESが使用ができない方もいます。


ボトックス治療

 脳卒中の後遺症などで起こる痙縮(=筋肉が緊張しすぎて、手足が動かしにくかったり勝手に動いてしまう状態)による姿勢異常が長く続くと筋肉が固まって関節の運動が制限され、日常生活に支障が生じてしまいます。
 ボトックス治療は、そのような状態に対してボツリヌス菌(食中毒の原因菌)から作られたお薬の注射で軽減を図る治療方法で、当院では脳卒中後遺症や脊髄損傷疾患の痙縮増悪に対し、2012年8月から開始しております。
 しかしながらその効果は約3カ月後には無くなってしまいますので、リハビリテーションを併用することで拘縮(関節可動域が制限される)予防、また痛みや基本動作の介助量軽減、ADLや歩行能力の改善が期待されています。
このページトップに戻る
【長町病院】 〒982-0011 
宮城県仙台市太白区長町3丁目7番26号 
TEL:(022)746-5161  FAX:(022)746-5114
内科・循環器内科・呼吸器内科・消化器内科
糖尿病代謝内科・リハビリテーション科
Copyright © NAGAMACHI HOSPITAL. All Right Reserved.
地図はこちら