公益財団法人宮城厚生協会 泉病院

TEL:022-378-5361
宮城県仙台市泉区長命ヶ丘2-1-1

頭痛外来

  • 脳卒中について
  • 認知症について
  • 頭痛について

ホーム > 頭痛外来

頭痛外来

頭痛外来について

日本人の約40%は「頭痛」を経験しているといわれるくらい、誰しもが経験したことがある症状です。多くは発熱や二日酔いに伴う一時的なものですが、なかにはこれといった原因もないのに、年間10回以上頭痛を経験する人がいます。このような方は、慢性頭痛という病気と考えられ、全国成人で3000万人というデータもあります。中には、頭痛が激しく、吐き気も伴い、仕事や勉学に支障があるにも関わらず、家族や職場の人が頭痛のつらさを理解してくれないために、「サボっている」と思われたり、一度受診しても「異常が無く、原因が判らないので、痛み止めを飲んで下さい」と言われ、あきらめて市販薬などの痛み止めを飲み続けている方もいらっしゃるようです。

頭痛にはそれぞれ病名があり、その疾患によって、対処法や予防法が異なっています。頭痛には痛み止めを飲むしかないとあきらめず、頭痛を良く知ることで、頭痛を起こしにくくするために日頃から何をすればよいか、頭痛の時のどう対処したよいのかを知っていただくことが大切です。頭痛でお悩みの方は一度頭痛外来を受診されることをお勧めします。

頭痛について

一口に頭痛といっても、痛みの強さ、痛みの場所、持続時間などは、人によっても異なります。頭痛は、様々な原因によって引き起こされるため、現れる症状が事なるのです。こうした頭痛の中には、放っておくと生命が脅かされるような危険な頭痛もあります。また、生命に関わらなくても、つらく耐えがたい頭痛もあります。

脳腫瘍やクモ膜下出血など別な病気が原因で起こる頭痛は二次性頭痛と言われます。生命に関わる頭痛の大半は二次性頭痛です。風邪の際の頭痛もこちらに分類されますので二次性頭痛だからといって全てが生命に関わるわけではなく、頭痛の約10%がこのタイプにあたります。一方で、頭や体には頭痛の原因となる別な病気が見られない場合、一次性頭痛と言われます。片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などが一次性頭痛と言われ、こちらは生命に関わることはありませんが、慢性的に繰り返し頭痛が起こり、頭痛の約90%がこのタイプにあたります。

頭痛でお悩みの方は一度頭痛外来を受診されることをお勧めします。

急な頭痛は脳神経新患外来または救急外来で

今まで経験したことがない頭痛、急激に起こった頭痛、痛みが徐々に始まり、数日から数週間かけてだんだんひどくなってくる頭痛、原因不明の高熱、吐き気や嘔吐を伴う頭痛などの時には二次性頭痛が疑われますのでただちに医師の診察を受けることをお勧めします。時には緊急を要する場合もありますので、二次性頭痛を疑った時には当院脳神経科新患外来または救急外来を受診して下さい。二次性頭痛の場合には頭部CTまたは脳MRIで異常を認めることが多いので、二次性頭痛の鑑別ではこれらの検査を行います。二次性頭痛頭痛の原因が脳腫瘍やクモ膜下出血であった場合には当院では対応が難しいので、対応可能な二次医療機関に紹介となります。また、気がつかれにくい頭痛としては、副鼻腔炎、脳静脈血栓症、肥厚性硬膜炎、脳髄液減少症、起立性調節障害などがあります。

頭痛外来では

一方で、頭痛外来では、二次性頭痛の鑑別も行いますが、一次性頭痛の診断治療が中心となります。一次性頭痛の場合、CTやMRI、血液検査など検査で異常がでることはほぼありませんので、これまで頭痛で医療機関を受診して検査で異常が無いといわれたけど、繰り返し頭痛がある方はぜひ頭痛外来を受診してみてはいかがでしょうか。検査で異常が出ない一次性頭痛の診断は問診が唯一の手掛かりです。頭痛外来では詳細な問診の上で、一次性頭痛の診断を行い、その診断に沿って治療や予防などの対応を行っていきます。

頭痛は痛み止めを飲むしかないと思っている方、ぜひ一度頭痛外来を受診してみてはいかがでしょうか。

診療時間

頭痛外来

(慢性頭痛)
【受付時間】 水曜日 13:00~15:00
【診療開始】 14:00~

<< 前のページに戻る

ページのトップへ戻る