公益財団法人宮城厚生協会 泉病院

TEL:022-378-5361
宮城県仙台市泉区長命ヶ丘2-1-1

診療科ご案内

  • 脳卒中について
  • 認知症について
  • 頭痛について

ホーム > 脳神経科

脳神経科

脳の病気を疑った時に診療を受ける科で皆さんが思い浮かべるのは脳外科ではないでしょうか。脳の代表的な疾患である脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)や脳腫瘍は脳外科が担当している事が多い疾患です。一方で脳卒中や脳腫瘍のようにMRIやCTといった画像診断で分かる病気以外にも脳の病気はたくさんあります。認知症、パーキンソン病、片頭痛、てんかんなどは画像では異常を認めない事が多々あります。これらの病気を担当しているのが脳神経科です。
脳神経科ではその他に脊髄や末梢神経(手足に延びる神経)、筋肉の病気も担当しています。なので、しびれ、めまい、麻痺、頭痛、もの忘れの訴えで脳神経科を受診されることが多いようです。

分かりにくいのは「精神科」「神経科」「心療内科」との違いですが、脳神経科は実際にある脳や神経の病気を担当し、「精神科」「神経科」「心療内科」は精神、「心」の病気を担当しています。症状だけではその原因が「脳」なのか「心」なのかは分からない事もありますが、原因になっている病気によって担当している診療科が異なります。 脳の病気を心配して脳外科を受診し検査をしたけど、異常なしと言われた。でも症状は続いており自分としては「心」の病気ではないと思っている方、ぜひ一度脳神経科を受診してみて下さい。

診療科は、小児科や産婦人科など年齢や性別で分けているかもありますが、大半は疾患の部位、場所で担当科が決まっています。それが臓器別診療科と言われている所以です。そしてそれぞれの臓器で外科と内科があります。主な治療が手術の疾患は外科、手術ではない治療が主の疾患は内科が担当しています。心臓であれば循環器内科と心臓外科、消化器であれば消化器内科と消化器外科に分かれます。脳では脳外科と脳神経科に分かれています。

<< 前のページに戻る

ページのトップへ戻る