仙台(泉区) 病院 内科 神経内科 脳神経外科 リハビリテーション 物忘れ 頭痛 脳ドック 介護 夜間 - 泉病院

泉病院 看護部

トップページ > 泉病院 看護部

泉病院 看護部

部長挨拶

写真泉病院は、1982年に脳卒中の専門病院として開設以来、急性期、ハビリ期、在宅診療と一貫した診療に取組み、地域の脳卒中診療において広く信頼を築いてまいりました。

 

看護部の理念として、「患者さまの人権を守る看護の視点をたかめ、一人一人の患者さまを尊重した看護、安全で信頼される看護の実践をめざし、看護の質向上を目指す」を掲げ日々、看護に取組んでいます。

 

脳卒中は突然発症することがほとんどで、様々な障害が残ることが多く、私たちは、患者さまの人権尊重を基本にすえて、患者さまの願いや想いに心を寄せながら、患者さまと一緒に日常生活の自立に向けて看護援助を行なっています。
病院の基本的視点として、発症早期からリハビリテーションを重視し、生活、労働の場で総合的に患者さまをとらえ、各職種がチームで治療を進めています。

 

病棟では、朝のリハスタッフとのカンファレンスをはじめ、褥瘡回診、嚥下チームによるお食事回診など実際の患者さまの状況を療養生活の場でとらえ、診療にいかすことにつとめております。

 

私たちは、なによりも、患者さまが笑顔で退院されることを喜びとし、日々向上心をもち、患者さまの立場に立つ看護の実践を追求しています。

 

新卒看護師の研修については、プリセプター制度をとっておりチーム及び、病棟全体で育成し、先輩看護師も一緒に育ち合おうという視点で、研修を進めております。私たちと一緒に「皆さんの看護への想い」を実践しましょう。

 

看護師育成プログラム

各段階で育成面接を実施しながらキャリアアップを支援していきます。

 

ジェネラリストの育成【1年目研修】

基本的な看護技術を習得し、民医連活動を理解するレベル

(研修目標)

  1. 看護基本技術を安全に実施できる
  2. 生活と職場に慣れる

(研修内容)

  • 院内新人研修(5月から10月の毎月)
  • ケースレポート作成と発表
    受け持ち患者の症状やデータと病態整理を一致させて考える力を養い、看護を振り返る
  • 民医連学校1課、2課
    民医連について理解する

 

ジェネラリストの育成【2年目研修】

社会的視点を持って看護にあたり、チームメンバーとして役割行動ができるレベル

(研修目標)

  1. 患者を取り巻く社会状況や生活背景を捉えた看護援助ができる

(研修内容)

  • 患者訪問により、入院中の看護の振り返りをし、患者の生活からの視点を養う
    パワーポイント作成研修
    訪問計画作成・訪問報告をパワーポイントで発表
  • 民医連学校3課
    社会情勢の見方、民医連医療について学ぶ

 

ジェネラリストの育成【3年目研修】

個別性や継続性に配慮した看護実践ができるレベル
リーダーシップを理解し、後輩をフォローしながら民医連看護を遂行するレベル

(研修目標)

  1. 患者を取り巻く環境(身体的・精神的・社会的)を学び、民医連看護を理解する
  2. リーダーシップを理解し、業務リーダーが実践できる

(研修内容)

  • 宮城民医連内の他事業所・他法人(福祉施設・ステーションなど)の体験実習を実施
  • リーダーシップ研修
  • 民医連学校4課
    社会情勢・民医連について理解する

 

ジェネラリストの育成【中期研修】4〜15年

看護実践や民医連活動においてローモデルとなり、後輩を育成するレベル

(研修目標)

  1. 患者を全人的に捉えながら、看護の専門性を深め、キャリアアップにつなげる

(研修内容)

  • 固定チームリーダー研修(リーダーシップ・組織論・固定チームナーシング)
  • 認定看護師の講義
  • 症例検討
  • 労働環境調査など

 

ジェネラリストの育成【ベテラン研修】16年目〜

チームメンバーの方向付けや育成を行い、看護部及び職場の目標達成に貢献するレベル

(研修目標)

  1. 看護の質・技術を培い、組織のおける役割が解る

(研修内容)

  • 外部講義を経験をまとめたレポート作成と発表
  • 看護倫理症例検討
  • 学会認定資格などの専門領域の育成
  • ケアマネージャー、呼吸療法認定士、糖尿病療法指導士、認知症ケア療法士、消化管内視鏡技師

 

スペシャリストの育成

認定看護師の育成

■ 病棟推薦による認定看護教育の支援(研修費・生活費などを援助)
■ 認定看護師会議の設置
■ 専門外来への配置

 

養成予定の認定看護分野

■ 摂食嚥下障害看護
■ 感染管理
■ 認知症看護
■ 脳卒中リハビリテーション看護

 

このページの先頭へ