公益財団法人宮城厚生協会 泉病院

TEL:022-378-5361
宮城県仙台市泉区長命ヶ丘2-1-1

脳卒中について

  • 脳卒中について
  • 認知症について
  • 頭痛について

ホーム > 脳卒中について

脳卒中について

脳卒中(脳血管障害)

脳卒中は、脳の血管障害の事を総称し、大きく分けて脳や頚部の血管が詰まっておこる脳梗塞と頭蓋内の動脈瘤や細い動脈、血管奇形などで脳の血管が破綻して起こる脳出血とに分けられます。
激しい頭痛、吐き気、めまい、ふらつき、半身の手や足のシビレや脱力、物が二重に見える、言葉がもつれる、めまい、ふらつき、突然の激しい頭痛、などが症状として現れます。これらの症状が突然現れたら救急車を呼ぶことが重要です。

脳卒中予防外来

泉病院は脳神経疾患を中心に医療を展開しています。
脳血管障害(脳卒中)は

  • 羅漢率/再発率の高さ
  • 後遺症によるADLの低下、要介護度の増加

が際立つ疾患の一つで、例え軽症でも再発を繰り返しながらADLが徐々に低下していくという特徴があります。脳卒中をはじめとする動脈硬化性疾患の発症、再発予防において、他科外来との連携、MRI、頚動脈エコー検査による

  • 脳卒中のリスク評価
  • 評価に応じてアドバイスから高次医療機関へのご紹介

までを行っています。

MRIでみる脳卒中へのリスク

  • 頭蓋内血管の狭窄
  • 無症候性脳梗塞
  • 無症候性脳出血

頚動脈エコーでみる脳卒中のリスク

  • 頸動脈の狭窄
  • 危険なプラーク

<< 前のページに戻る

ページのトップへ戻る